NO ART NO LIFE

2020年2月2日~2月12日ビーズワックスアート(蜜蝋画)の作品展示について

龍神悦子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
龍神悦子
大阪府堺市在住 大阪芸術大学芸術学部美術学科卒 画家・エッセイ画家・イラストレーター 蜜蝋画の制作と指導  街や風景のふとした瞬間からイメージを得て抽象画を描く。 主な仕事2011年~現在 公益財団法人修養団 月刊「向上」表紙画&コメント文の担当   2015年 秀学社「新しい国語のワーク」中学1~3年 表紙イラスト   2018年 熊本博物館 吹抜け空間壁画「青い空・熊本の記憶」原画制作

ビーズワックスアート(蜜蝋画・ミツロウガ)を

描いている龍神悦子が展示(2月2日~2月12日)と

指導を始める教室の体験ワークショップ(2月22日)をします。

どちらも会場は、堺市東文化会館 生涯学習施設

関西ではワックスアートはあまり知られていなかったというのが始めた大きな理由だ。

 

絵を描くことに自信がない人でも、

もちろん描くことが得意で好きな人

でも思うように描けない。

偶然性が特徴で面白い味を出すことが

出来る技法だ。

つまり少し技術を学べば、

初心者でもプロでも同じ土俵に

立てる面白さがある。

ビーズワックスアートとの出会い

私がお世話になっている東京の日本橋のギャラリーで

蜜蝋画の展示と体験ワークショップが行われていた

のがきっかけで私は蜜蝋画を始めた。

もともとはその体験ワークショップで田鎖幹夫先生

から詳しく同じものが作れるように教えて頂いた。

にも拘わらず、呑み込みの悪い私は思うように

できず。東京都府中市にある先生の

アトリエに月1回指導を受けに行くことにした。

それが2018年の秋のこと。

昨年、堺で絵の展示をした際に習いたいという方

居たことがきっかけで、田鎖先生に

「指導して教室を堺市で開きたい。」と

伝えると快諾いただいた。

私が且つてそうであったように、

基本は直接指導を受けた方がわかりやすい

と思うので教室を始めることにした。

ビーズワックスアート(絵画技法)を多くの人に知ってもらいたい。

家にあるアイロンや鍋などで簡単に作ることが出来る。

今まで、自分の描いた絵に自信がなかった人

に始めて頂き、本人の個性の良い部分に

気づいて欲しい。

そして自信をもって自分の意見を発言出来る人になって欲しい。

他人のまなざしを気にしながら生きていことではなく、

自分自身の人生を生きて欲しい。

作品展示をします。(どのような作品か見て欲しい)

会期:2020年2月2日(日)~2月12日(水)

ロビー展示のため龍神は会場におりません。

芳名帳を置くことができませんのでお越しの際はこちらまで

メッセージ頂けると嬉しいです。

展示作品数:約10点

場所:堺市立東文化会館生涯学習施設 ロビーギャラリー

会場住所:堺市東区北野田1077-301 アミナス北野田3階

開館時間:9時~22時 月曜日のみ9時~17時

場所の問合せ:072-234-5691

場所の詳細はこちらまで。

体験ワークショップをします。

参加費3850円(場所代、材料費、レッスン代) 要予約

①2月2日(日)18時30分~20時30分

②2月22日(土)18時30分~20時30分

場所:堺市立東文化会館生涯学習施設

会場住所:堺市東区北野田1077-301 アミナス北野田3階

申込はこちらまで。

この記事を書いている人 - WRITER -
龍神悦子
大阪府堺市在住 大阪芸術大学芸術学部美術学科卒 画家・エッセイ画家・イラストレーター 蜜蝋画の制作と指導  街や風景のふとした瞬間からイメージを得て抽象画を描く。 主な仕事2011年~現在 公益財団法人修養団 月刊「向上」表紙画&コメント文の担当   2015年 秀学社「新しい国語のワーク」中学1~3年 表紙イラスト   2018年 熊本博物館 吹抜け空間壁画「青い空・熊本の記憶」原画制作

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 龍神悦子のアート悦声 , 2020 All Rights Reserved.