fbpx

NO ART NO LIFE

蜜蝋画について

龍神悦子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
龍神悦子
大阪府堺市在住 大阪芸術大学芸術学部美術学科卒 画家・エッセイ画家・イラストレーター 蜜蝋画の制作と指導  街や風景のふとした瞬間からイメージを得て抽象画を描く。 主な仕事2011年~現在 公益財団法人修養団 月刊「向上」表紙画&コメント文の担当   2015年 秀学社「新しい国語のワーク」中学1~3年 表紙イラスト   2018年 熊本博物館 吹抜け空間壁画「青い空・熊本の記憶」原画制作

蜜蝋画(ミツロウガ)を描いています。

とお伝えしますと、まず質問いただくのが、

蜜蝋(ミツロウ)とは何ですか?

という質問です。

そして蜜蝋画(ミツロウガ)とは何なのか?

ご説明したいと思います。

蜜蝋(ミツロウ)とは?

蜜蝋(ミツロウ)は、

ミツバチが六角形の巣を作る材料として、

働き蜂の腹部にある分泌腺から分泌するロウのことです。

ミツバチの巣から得られたものを溶かして固め、

別名ビーズワックス(Beeswax)とも呼ばれます。

ろうそく、クレヨンの材料にも使われています。

その他、蜜蝋の成分には肌の保湿効果や柔軟効果があるので、

リップクリームやハンドクリームなど

化粧品の材料にも使われています。

↑私は粒状の蜜蝋を使っています。

ひと粒の大きさは1cm前後です。

板状の蜜蝋もあります。

板状のものは溶けにくいというだけで

同じように使うことはできます。

蜜蝋画とは?

蜜蝋を紙や板に塗り

引っ掻いたり、絵具で描いたりして仕上げる絵のことです。

 

上記の3点すべて(紙を使った)蜜蝋画です。

上記の3点は(板に)蜜蝋を使い描いたものです。

まとめ

蜜蝋はミツバチが作る巣からの出来る蝋です。

蜜蝋画は蜜蝋を紙や板に塗り

引っ掻いたり絵具を使ったりして描く絵のことです。

蜜蝋画教室では

色々な蜜蝋画の技法を紹介してゆきます。

2020年2月より開講予定です。

現在はプレイベントとして

「蜜蝋画で初めてのクリスマスカード」のワークショップ

を2019年11月16日(土)に行います。

詳しくは、こちらまで

直接申し込みはちらまで。

この記事を書いている人 - WRITER -
龍神悦子
大阪府堺市在住 大阪芸術大学芸術学部美術学科卒 画家・エッセイ画家・イラストレーター 蜜蝋画の制作と指導  街や風景のふとした瞬間からイメージを得て抽象画を描く。 主な仕事2011年~現在 公益財団法人修養団 月刊「向上」表紙画&コメント文の担当   2015年 秀学社「新しい国語のワーク」中学1~3年 表紙イラスト   2018年 熊本博物館 吹抜け空間壁画「青い空・熊本の記憶」原画制作

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 龍神悦子のアート悦声 , 2019 All Rights Reserved.