NO ART NO LIFE

蜜蝋画を知ったきっかけ① 田鎖幹夫先生との出会い

龍神悦子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
龍神悦子
大阪府堺市在住 大阪芸術大学芸術学部美術学科卒 画家・エッセイ画家・イラストレーター 蜜蝋画の制作と指導  街や風景のふとした瞬間からイメージを得て抽象画を描く。 主な仕事2011年~現在 公益財団法人修養団 月刊「向上」表紙画&コメント文の担当   2015年 秀学社「新しい国語のワーク」中学1~3年 表紙イラスト   2018年 熊本博物館 吹抜け空間壁画「青い空・熊本の記憶」原画制作

東京の日本橋でお世話になっている

ギャラリー砂翁の下の階では

トモスBというキャンドルの素材や

アートグッズを販売しているお店がある。

そこで蜜蝋も販売していた。

蜜蝋画の小冊子があった。

田鎖幹夫(タグサリ ミキオ)先生が書かれたものでした。

先生の作品はその小冊子やギャラリーで拝見する機会があった。

ギャラリーのオーナーに「龍神さんに蜜蝋画は向いているかも?」

と言われ「今度、ワークショップをするからいらしたら?」

とお声がけ頂いた。

実は、その後に大阪から行くスケジュールを

決めないといけないので、何度もいつかいつかと

ギャラリーにメールで問合せをしたのを覚えている。

そもそも、4人ぐらいしか参加できないスペースなので、

満席になったらどうしようかと焦っていたのだ。

上のギャラリーでは作品の展示を拝見し

下のトモスBのスペースでワークショップをさせていただいたのでした。

ワークショップ終了後に

田鎖先生から同じ作品を作るための

材料や方法を聞き

自宅で試した。

結果、まったく上手くできず。

いてもたってもいられなくなり、

思い切って私は堺市在住ですが、

東京都府中市の教室まで月1回通うことにしたのだった。

それが2018年秋のことでした。

田鎖蜜蝋画教室(東京都府中市)の詳細はこちらまで

ある日の風景 Copyright (C). MIKIO TAGUSARI

この記事を書いている人 - WRITER -
龍神悦子
大阪府堺市在住 大阪芸術大学芸術学部美術学科卒 画家・エッセイ画家・イラストレーター 蜜蝋画の制作と指導  街や風景のふとした瞬間からイメージを得て抽象画を描く。 主な仕事2011年~現在 公益財団法人修養団 月刊「向上」表紙画&コメント文の担当   2015年 秀学社「新しい国語のワーク」中学1~3年 表紙イラスト   2018年 熊本博物館 吹抜け空間壁画「青い空・熊本の記憶」原画制作

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 龍神悦子のアート悦声 , 2019 All Rights Reserved.